痩せると人生が変わる!10キロ痩せて気付いたこと

「痩せると人生が変わる!!」と聞きますよね。

太っていた頃の私は、そんなことはまったく信じませんでした。

「痩せたら異性からもモテる」と言いますが、痩せているのに彼氏がいない友人はたくさんいましたし、反対に太っていても常に彼氏がいる友人もいました。

また、「痩せると健康になる」と言われても、太っていても健康な人はたくさんいます。

結局のところ、太っているか痩せているかは人生にたいして影響しないのではと思っていました。

でも、10キロ痩せてわかりました。

痩せたら人生は大きく変わります!!

今回は、私が10キロ痩せて変わったと感じたことを書きます。

外見が変わる

当然ですが、痩せると外見が変化します。

第一印象は、見た目で9割が決まると言われています。

特に、顔は常に露出しているので、見た目の印象に大きく影響します。

手足が細くても、丸顔だとぽっちゃりした印象になりがちです。

丸顔の私は、薄着の時期になってから「思ったより太ってないんだね」なんて失礼なことを言われた経験があります。

頬や顎に付いていた脂肪が減ると顔が小さく見えるので、まわりに与える印象もガラリと変わります。

また、頬や目元の脂肪が減ることで、目がパッチリするなど顔のパーツが目立つようになります。

さらに、今まではほぼノーメイクで過ごしていたのが、メイクをするのが楽しくなります。

メイクやネイルを学ぶことでスキルも上達し、どんどんキレイになります。

写真に写った自分にビックリすることがなくなる

太っていた頃は、写真の中の自分を見て、

「えっ、私ってこんなに太っているの??」

と驚くことがありました。

それからは、写真を撮る時には少しでも細く見えるようにと、若干斜めを向いてみるなどの工夫が欠かせませんでした。

写真自体が嫌いになり、写真を撮る機会も減りました。

写真はその時の自分を記録するものです。太っていたからと言って、写真を撮らないことはとてももったいないです。

痩せると写真も気にせず撮ることができます。

性格が変わる

みなさんのまわりに、痩せて明るくなった人はいませんか?痩せると外見だけではなく、性格まで変わります。

多くの人は、明るく社交的になります。

友達付き合いや恋愛に消極的だった人が、痩せたことで友達が増えたり、素敵な恋人ができることも多いです。

そもそも、太っているからといって友人や恋人ができないことはありません。

太っていることにコンプレックスを持っている自分自身がそうしているだけなのです。

太っていても明るくて社交的な人には、たくさんの友人や恋人がいます。でも、そんなに前向きに人ばかりではありませんよね。

痩せたいのに痩せることができないという人の中には、太っている自分のことが嫌いというケースも少なくありません。今の現状に満足できていないので、「痩せることで変えたい」と考えるのです。

ダイエットに成功すると、頑張った自分のことを以前よりも好きになれます。

痩せることは、自分を変えるきっかけになります。

まわりからの扱いが変わる

痩せるとまわりからの扱いが変わります。

私は、太っている時は体型をネタにされることがよくありました。

変なあだ名を付けられることもあります。私の場合は、ほっぺたがパンパンでモチモチしていたので「肉まん娘」と呼ばれていた時期があります。定着しなくて本当によかったと心から思います。

悪意がある場合は少ないので笑って済ませることがほとんどですが、一人になるとふとツラくなることがあります。

太っていることに限らずコンプレックスは誰もが持っているものですが、痩せると体型をネタにされることからは解放されます。

恋愛の対象として見られるようになる

太っている人が好きという人もいますが、多くの人は痩せている方が好きだと思います。

「人間は外見ではない」と言いますが、痩せてみるとやはり外見は大事なんだなと感じました。

男性は、すれ違う女性を見ては美人だどうだと評価しますよね。女性の場合もまったくないわけではありませんが、このことからも男性は常に女性の外見を気にしていることがわかります。

特に太っている女性に対する目は厳しいです。

背が低いことは自分の努力でどうしようもありませんが、肥満は努力次第でなんとでもなるからです。というよりも、努力をしなかった結果、太っていると考えられています。

太っている時点で恋愛対象から外れることも多いです。いくら「外見よりも中身が大事」といっても、男性はスタイルのいい女性が好きなのです。

「太っていてもOK」という人は少なからずいますが、「太っていなければダメ」という人はかなり限定されます。

痩せたからモテるというわけではありませんが、痩せた方が恋愛に繋がる可能性はかなり高くなります。

評価が変わる

スマホでデータ収集

痩せると信頼もアップします。

今までが信頼されていなかったわけではありませんが、太っていることで疑問視されていた部分はあると思います。

アメリカなど、国によっては太っているだけで社会的地位が低いことがあります。自分をしっかりとマネージメントできない人に、いい仕事はできないという理由です。

日本ではそこまで露骨ではありませんが、少なからずそういう風潮があるのは事実です。太っていることで損をすることはあっても、得をすることはほとんどありません。

痩せると今までの分も含めて、正しく評価されるようになります。

服装が変わる

服を選ぶ時、太っているとデザインよりもサイズを重視してしまいます。

着たい服ではなく、着ることができる服を選ぶのです。

「これ、いいな!」

と思った服があったとしても、サイズがなくて諦めることを繰り返していると、好みの服よりもサイズが優先になるのかもしれません。

試着してみたいけど、入らなかったら恥ずかしいと思っていると、試着もしづらいですよね。

また、私が服を見ていても店員さんがあまり話しかけて来ないので、「あなたに合うサイズの服はありませんよ」と言われているような被害妄想をしたこともあります。

そのうち、いつもの店のいつものサイズの服しか買わなくなります。体型をカバーできるように、体のラインがわかりにくいゆったりした服ばかりを選んでしまいます。

もちろん、それが悪いわけではありません。

でも、選択の幅が広がることは嬉しいですよね。

もしかすると、いろんな店を見てまわった結果、今までと同じ店に行きつくかもしれません。

それでも、選択できることと選択できないことは違います。

ダイエットに成功して、着てみたい服を着てみましょう!

痩せるとヒールの高い靴を履くことができる

太っている時は、ヒールの高い靴を履くことはありませんでした。

バランスが取りにくい上に、つま先にかかる負担が半端ないからです。

しかも、ヒールの高い靴はスリムなタイプが多いので、足に肉がついていると横幅がキツいです。サイズを探すことも一苦労などで自然に履かなくなりました。

痩せると今まで敬遠していたヒールの高い靴も選択の1つに入れることができます。

夏を楽しむことができる

夏になると肌が露出する機会が増えます。冬であれば着痩せのテクニックでごまかすことができますが、夏はそうはいきません。

それに、太っていると汗の量が半端ありません。自分だけ汗だくになってしまったらと考えると外出を控えるようになります。

夏で最も怖いのが、プールや海など水着のイベントです。

体のラインがわかりにくいように夏でもゆったりした服を選んでいるのに、水着を着ることなど考えられません。

そもそも水着など持っていません。

痩せるとプールや海も怖くありません。自分に似合うかわいい水着を買いにいきましょう!

運動量が増える

私は減量中でもあまり運動はしませんでしたが、不思議なことに痩せてから運動量が増えました。

1キロ離れた場所へ出かける時、みなさんはどうやって移動しますか?

電車、バス、タクシー、車、オートバイ、自転車、徒歩など、手段はたくさんあります。

太っている人は、短い距離でも一番楽な方法で移動します。歩いて移動することはまずありません。

痩せると体が軽くなるので、徒歩や自転車で移動することが増えます。体を動かすことが苦ではなくなるのです。

10キロ痩せた人の場合、以前は2リットルのペットボトル5本分を持ち歩いていたことになります。

スーパーで2リットルのペットボトルを5本も買うと、持って帰るのが大変です。買うとしても、せいぜい2本が限界ですよね。レジ袋が破れるのではないかという心配も出てきます。

10キロの重りを持って1キロ先まで歩こうとは誰も思いませんよね。

痩せることで体を動かす機会が増えるので、さらに痩せやすくなります。

運動にも食事制限にもおすすめのアイテムはこれ↓

チャレンジする機会が増える

太っていると、何かと体力を使います。

起きている時も寝ている時も常に重りを身に付けているわけですから、毎日を過ごすだけかなり疲れます。

余裕がなければ、新しいことにチャレンジすることは難しいです。

痩せると、メンタル的にも体力的にもゆとりができるので、いろんなことにチャレンジしようと思うようになります。

体調がよくなる

健康診断の時、不安になることはありませんか?

「私はまだ若いからきっと大丈夫」と思いながらも、結果を見る時はやはりドキドキしていました。

再検査を受けることなった時がありましたが、「あー、やっぱりか。こんなことならダイエットしておけばよかった」と後悔したものです。結局は何もなかったので良かったですが、もしかすると本当に病気になっていた可能性もあります。

肥満は、生活習慣病のリスクを高めます。また、血圧が高くなったり、血液中の脂質が増えることによって循環が悪くなり、めまいや息切れが生じることもありました。

また、太っていると普段の生活の中でも腰や膝にかかる負担が大きいです。立ち上がろうとしただけで、腰がピキッとなることがあります。

痩せると本当に体調がよくなります!

今までは、「太っているけど健康」と思っていたことが、まったくの間違いだったと気づきます。

健康面を考えても、なるべく早くダイエットすることをおすすめします。

以上、私が10キロ痩せたことで感じた変化を書いてみました。

痩せることですべてが変わるわけではありません。でも、痩せて変わることはたくさんあります。

ダイエットはほんの少し意識を変化させるだけで簡単に取り組むことができます。

もしもダイエットをしてみようと思ったら当サイトのダイエット記事も読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA