食卓に箸置きを置くだけで痩せる?ゆっくり食べるコツ

食べるスピードは、ダイエットと深い関係があります。

「早食いの人は太る」と言われますよね。(理由を書くと長くなるのでここでは割愛します。興味のある人はこちらから)

早食いをやめるだけでダイエットに成功する人もたくさんいます。

今回は、ゆっくり食べるためのコツを書きます。

1口あたり30回噛む

早食いする人は、噛む回数が少ない傾向があります。

一口あたり30回を目安にしましょう。

食事の度に噛む回数を数えていては、せっかくの食事を楽しむことができません。

毎回最初の一口だけ数えて、

「30回はこれくらいだな」

と、確認しておけば、その後はだいたい30回くらいに落ち着きます。

いきなり30回は難しい人は、普段の回数より3回だけ噛む回数を増やしましょう。

慣れてきたら徐々に増やしていけばすぐ30回です。

その他にも、よく噛むことによって満腹感を感じやすくなることや、内臓脂肪の分解が促進されるといったさらなるダイエット効果も期待できます。

食材を大きめに切る

食材を大きめに切ると、飲み込める大きさになるまで噛まなければいけません。

自然に噛む回数も増えるので、ゆっくり食べることができます。

急に大きく切りすぎると、小さくなる前に飲み込んでしまうことがあります。

まずはいつもよりも気持ち大きいくらいのサイズに切って慣らしていきましょう。

噛みごたえのある食材を取り入れる

噛みごたえのある食材を使うことで、噛む回数を増やすことができます。

主食の白米を玄米に変えることや、赤身の肉やキノコ類、こんにゃく、海藻類など、弾力のある食材を上手に使いましょう。

ゴボウやレンコンなどの根菜類も噛ごたえがある食材ですが、糖質を多く含むので食べ過ぎると逆効果になることがあります。

食材以外でも、調理方法で噛み応えを調整することができます。例えば、野菜を加熱調理する場合は気持ち硬めを意識しましょう。

煮物などの場合、柔らかすぎるとすぐに飲み込んでしまいます。いつもよりも少し硬めに仕上げることで噛む回数を増やすとができます。煮くずれも防げるので一石二鳥です。

食事でストレスを感じたくないという人は、食事の前やおやつにスルメや昆布、ナッツ類などを食べることもおすすめです。

全部飲み込んでから次の一口を食べる

まだ飲み込んでないのに次の一口を食べる人がいます。

ついつい箸が出てしまう気持ちはわかりますが、完全に飲み込んでから次の一口を食べるようにしましょう。

「おかずとごはんを別々に食べるってこと?」と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。口の中が空っぽになる時間を作ることが目的です。

エンドレスで口の中に食べ物を運んでいると、5分~10分で食事が終わってしまいます。そうすると、物足りなさが残り、もっと食べたくなります。

口の中を空っぽにして、こまめに水分を取ることで、ゆっくり時間をかけて食べることに繋がります。

食卓に箸置きをセットする

どうしても箸が止まらない人は、飲み込むまでの間、箸を置くようにしてみましょう。

ただ箸を置くだけという行為ですが、早食いが習慣になっている人には大きな効果があります。

おすすめは、食卓に箸置きをセットしておくことです。

自分で選んだ好みの箸置きをセットしておくことで、「箸を置こう」という気持ちになります。

いろんなデザインの箸置きが数百円から購入できます。

来客時くらいしか使わない箸置きですが、箸置きを置くだけで食卓が豪華に見えるので、ダイエット中の食事がより楽しみになりますよ!

一口の量を少なくする

多くの人は、ひと口で噛む回数はほぼ同じです。

たくさん口の中に入れた時も、少量だけ口に入れた時も、噛む回数はあまり変わらないのです。

一度にたくさんの食べ物を口に詰め込むと、まだ噛んでいる途中なのに飲み込んでしまいます。これでは内臓にも負担をかけてしまいます。

一口の量を減らすとトータルの噛む回数が増えるので、ゆっくり食べることに繋がります。

箸の先だけを使う

一度にたくさんの量を口に含まない工夫として、箸の先3cmだけを使うことをおすすめします。

箸の先だけで掴める量は決まっているので、少量しか口に運ぶことができないので、自然に食べるスピードがゆっくりになります。

先端だけ色が変わっているタイプの箸や、先端を柔らかい素材にすることで食べ過ぎを防止する箸もあるので、上手に活用すると効果があるかもしれませんね!

created by Rinker
¥1,320 (2021/09/23 01:51:25時点 楽天市場調べ-詳細)

味わって食べる

よく味わって食べていると、自然にゆっくり食べるようになります。

ダイエット中は、いつも以上に食事がおいしく感じます。

おいしい料理は、なるべく長く味わいたいですよね。その点でも、ゆっくり食べることはとても大切なことです。

早食いの人はすぐに飲み込んでしまいます。

口の中に滞在する時間が短いということは、どんなにおいしい料理を食べても味わう時間が短くなるということです。

これは、とてももったいないことです。

食事は、時間をかけて味わって食べることで、さらにおいしく感じることができます。

ぜひ食事を味わうことを意識してみてください。

食事がさらに楽しくなる上に、ダイエットにも繋がります。

ゆっくり食事ができる時間を確保する

食事の時間が確保できないと早食いの傾向が顕著に表れます。

食事の時間を確保できれば、会話も弾んで楽しくゆっくり食事を楽しむことができます。

とは言っても、会社や学校の場合、昼食の時間は1時間程度しかありません。

時間が限られているので、つい食べるスピードが早くなってしまいます。

昼食がコンビニや外食という人は特に注意が必要です。早く食べられる麺類や丼、カレーライス、チャーハン、ハンバーガーなど1品のみのメニューが多くなります。

このようなメニューはほとんどが炭水化物なのでカロリーも高く、栄養バランスが偏ってしまいます。なるべく避けることが望ましいですが、食べる場合は野菜や汁物とセットで食べるようにしましょう。

ゆっくり食べるコツを掴むことで、ダイエットが有利になります。

私の知っている患者さんの中には、食べるスピードを変えただけで10キロ以上痩せた人もいます。

難しいコツも必要ないので、ぜひ実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA