服装を変えるだけでダイエットできる?服装と体型の関係

服装を意識するだけでダイエット効果がある!?

服の好みはそれぞれですが、男女を問わず自分に合う服を選ぶことは楽しいですよね!

新しい服を選んだり、着たりすると、ワクワクした気分になります。

でも、服装がダイエットに影響することがあるって知っていますか?

今回は、服装と体型の関係について書きます。

ゆったりした服装は太りやすい

普段からゆったりした服装を好む人は、太りやすい傾向が見られます。

自宅では、ジャージやスウェットなど、ラフな格好で過ごすことも多いですよね。

ゆったり感によってリラックスすることができますが、このゆったり感が原因で太ることもあります。

体型の変化に気付きにくい

ベルトをしていたり、サイズのきっちりした服を着ていると、食べ過ぎた時や太ってきた時に気付きやすくなります。

ベルトの同じ穴を使っているのにキツくなってきたなと感じれば、少し食事を減らそうと思います。

でも、ゴムや紐で結ぶタイプの服やゆったりした服装だと、少しの変化では気づきません。

それに、気付いたとしても今まで通り着ることができるので、危機感がまったくありません。

体のラインが見えない

また、ゆったりした服は、体のラインが見えにくいこともよくありません。

おなかが出ることは、男性でも女性でも恥ずかしいものです。

でも、ゆったりした服を着ていると、体のラインをごまかすことができます。

そのため、ゆったりした服ばかり着ていると、体のラインが崩れやすくなります。

体は服に合わせたボディラインになっていきます。

体のラインが見える服装だと、見た目を気にしてダイエットを意識しますが、ゆったりした服だと、太ってきてもそのままダラダラと過ごしてしまいます。

着やせのスキルは逆効果

ぽっこりお腹の人でも、ゆったりした服を着ていると意外と細く見えます。

そのため、 着やせを研究し、日々着やせのスキルを磨いている人もいるでしょう。

確かに着やせが上手になると、実際には太っているのに痩せて見えます。

でも、着やせでどんなに見た目をごまかしても、実際には太っているのです。

着やせは、痩せているように見せるためには効果的ですが、根本的な解決にはなりません。

むしろ、着やせに自信を持つことで太ることに拍車がかかります。

着やせを研究するのではなく、自分に合うダイエット方法を研究する方がよっぽど効果的です。

痩せたら着てみたい服を目につくところに飾る

おしゃれなワンピースやビキニの水着など、痩せたら着たいと思う服を目につくところに飾りましょう。

できれば店に足を運んで、自分の目で選ぶことがベストです。

ダイエットの目標に合わせて、1~2サイズ小さい服を買いましょう。

今の体型では着ることができない服をわざわざお金を払って買うわけので、ダイエットを頑張るしかありません。

ツラいなと思う時も、「絶対あの服を着てやる!」という気持ちが後押ししてくれます。

この方法自体はよく聞く方法なので知っている人も多いと思います。

でも、実践したことがある人は少ないのではないでしょうか。

モチベーションを保つためには効果的な方法ですが、新しく服を買うのはハードルが高いという人もいます。

そんな時は、痩せていた時に着ていた服で代用してもOKです。

新しい服に比べると効果は下がりますが、「もう一度あの服を着る」という気持ちを持つことでモチベーションの維持に繋がります。

ダイエットに成功したら、太っていた時の服は処分する

ダイエットに成功して、小さいサイズの服を買うことは嬉しいことですよね。

今までは太る度にサイズアップしていたのに、まさかサイズダウンして服を買い直す瞬間はまさに至福の時です。

出費はかかっても、大きなサイズの服を買うのと、小さなサイズの服を買うのでは、気分はまったく違います。

このまま痩せて、服をすべて買い直すことになってもオッケーとさえ思ってしいますよね。

この気持ちをいつまでも持ち続けましょう!

そして、太っていた時に着ていたブカブカの服は、思い切って処分しましょう。

もったいない気もしてしまいますが、ダイエットに成功した今、それはもう必要のないものです。

今までリバウンドをしてきた人は、「念のため取っておこう」と考えます。

こういう気持ちを残していることはよくありません。

「2度と太っていたあの頃には戻らない!!」

という思いを込めて決別しましょう。

もちろん、捨てる必要はありません。

最近では、フリマアプリなど、便利なものがたくさんあります。

大きなサイズの服は、ダイエット成功したあなたには必要ありませんが、必要としている人がいます。

ベルトなども短く切ってしまいましょう。

切ってしまうと、もう長くはできません。

ダイエットに成功した時は、強い気持ちを持って、前だけを見ていきましょう!

太って服がきつくなった時どうする?

太って服がきつくなった時、みなさんはどうしていますか?

  1. 無理して着る
  2. 大きいサイズの服を買う

私は、1番を選んで、すぐにダイエットを始めることをおすすめします!

もしかすると、ダイエットは始めるけど、とりあえずは1つ大きいサイズの服を買って、痩せたら元のサイズの服を着ようと考える人も多いと思いかもしれません。

この選択は、一見よさそうに思えます。

でも、私の経験上では、一度大きいサイズの服を買うと、よほどの覚悟がなければ元のサイズには戻れません。

すぐに新しいサイズに買い替えている人の場合はさらに要注意です!

サイズがきつくなった時は、ダイエット始めるべきタイミングです。

少し無理してでも、そのサイズの服を着ましょう!

きつくて生活に支障が出るのであれば、早急に痩せるしかありません。

1サイズ大きな服を買うと、一時的には楽になるかもしれません。

でも、一度体と心をゆるめてしまうと、しばらくは元のサイズには戻れません。

もしかすると、二度と戻れないかもしれません。。

サイズにゆとりができると、どんどん楽な方向へ向かっていきます。

そして、気がつけばさらにもう1つ大きいサイズへなんてことに...。

1つ大きいサイズの服を買う時は、「今の体型とは一生お別れする」くらいの気持ちで買ってください。

なんとかしてこのサイズをキープするという強く決意が大切です。

おわりに

服装と体型の関係について書いてみましたが参考になったでしょうか?

いつもきっちりした服を着る必要はありませんが、

自分のベスト体型に合わせた服を着れるように定期的に調整してみてください。

同じサイズの服をいつまでも着られるようであれば、何歳になっても体型が大きく崩れることはありません。

服装を変えるだけでもダイエット効果は期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA