カロリーメイトをダイエットに活用する時の正しい方法

カロリーメイトは、「バランス栄養食」と言われていて、たくさんの栄養素を含んでいる大塚製薬さんの商品です。

1983年から販売されているロングセラー商品なので、多くの人が一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

今回は、カロリーメイトを活用したダイエット方法について書きたいと思います。

カロリーメイトの特徴

カロリーメイトの中でも、一番メジャーなブロックタイプは、1箱4本入りと1箱2本入りがあります。

味は、チーズ、フルーツ、チョコレート、メープル、プレーンの5種類があり、すべての味で1本あたり100kcalになっています。

手軽に食べることができるので、ダイエット目的でカロリーメイトを食べる人もいます。

少量の割りに高カロリー

カロリーメイトは、1箱(4本)あたり400kcalです。

これだけ見ると、高カロリーとまでは言えません。

でも、カロリーメイトの1箱(4本)あたりの重量は80gです。

同じ400kcalをごはんで摂取する場合、重量は約240gです。

カロリーメイトの約3倍の重さがあることがわかります。

カロリーメイトは、量の割に高カロリーなのです。

そのため、おなかいっぱい食べようと思うと、女性でも2箱は食べることができます。

カロリーメイトを2箱食べると800kcalです。

とてもダイエットにはなりませんよね。

カロリーメイトのカロリーが高い理由

そもそも、カロリーメイトはダイエット向けの商品ではありません。

忙しくて食事をとる時間がない時に、短時間で手軽に食べることができて、さらに栄養を補給できる商品です。

少量で高エネルギーを実現させているため、糖質と脂質の占める割合が高くなっています。

PFCバランス(たんぱく質、脂質、炭水化物の割合)を見ると、

  • たんぱく質  約 8%
  • 脂質     約50%
  • 炭水化物   約41%

となっています。

カロリーメイトのほとんどは、脂質と炭水化物なのです。

PFCバランスだけを見ると、油を多めにした卵チャーハンに近いですね。

参考:卵チャーハンのPFCバランス

  • たんぱく質  約 8%
  • 脂質     約35%
  • 炭水化物   約55%

優れた栄養バランス

カロリーメイトが栄養補助食品と言われるのは、5大栄養素栄養(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)がしっかり含まれているからです。

ブロックタイプのカロリーメイトには、ビタミンが11種類も入っています。

1箱(4本)食べると、1日に必要なビタミン量の約半分を摂取できます。

油多めの卵チャーハンでは、これだけの栄養素はとても取れません。

カロリーメイト成分表

参照:カロリーメイト 大塚製薬

カロリーメイトでダイエットする方法

カロリーメイトはダイエット食品ではありません。

でも、カロリーメイトのクオリティーを考えると、ダイエットにも活用することができます。

ダイエット方法として私がおすすめするのは、食事の一部をカロリーメイトに置き換える「カロリーメイト置き換えダイエット」です。

カロリーメイト置き換えダイエットの方法を説明します。

1.1食をカロリーメイトに置き換える

3食のうち、1食をカロリーメイトに置き換えます。

もっとも取り組みやすいのは、朝食と置き換える方法です。

忙しい朝は、朝食は食パンだけという人も多いと思います。

6枚切りの食パン2枚に、ジャム・バターをつけて食べた時のカロリーは、約500kcalです。

これをカロリーメイト1箱(4本・400kcal)に置き換えると、摂取カロリーを毎日100kcal抑えることができます。

ただし、朝食はもともとカロリーが少ない人が多いので、効果は限定的です。

朝食のカロリーが400kcal未満の人の場合は、カロリーメイトに置き換えると逆に太ってしまいます。

そこで、朝食よりも摂取カロリーが多くなりやすい昼食や夕食を置き換えることで、より効果は高くなります。

これからダイエットを始めようという人の中には、昼食や夕食が1,000kcalを越えている人もいると思います。

カロリーメイトに置き換えることで、摂取カロリーを大きく減らすことができます。

特に夕食は、その後の活動量も少なく、代謝も落ちるので、カロリーメイトに置き換えると高い効果が期待できます。

2.1日の摂取カロリーを記録する

カロリーメイトは1箱400kcalなので、カロリー計算がしやすくて便利です。

でも、単純に1食をカロリーメイトに置き換えるだけでは失敗してしまいます。

せっかくカロリーを抑えても、『カロリー収支』がプラスになっていては効果はありません。

『カロリー収支』とは、「摂取カロリー」から「消費カロリー」を引いたものです。

  • 摂取カロリー>消費カロリー=太る
  • 摂取カロリー<消費カロリー=痩せる

カロリーメイトに置き換えたとしても、1日の摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ、痩せるどころか太ります。

置き換えダイエットをする時は、カロリー計算を行いましょう。

3.たんぱく質を補う

カロリーメイトは、脂質と炭水化物に比べて、たんぱく質の割合が少ないです。

たんぱく質が不足すると、体は筋肉を分解してたんぱく質を補給します。

筋肉は脂肪の3倍重いので、筋肉が落ちればその分体重は軽くなります。

でも、筋肉が落ちると、同時に基礎代謝量も落ちます。

基礎代謝量が落ちると言うことは、筋肉が減るたびに、どんどん痩せにくい体になると言うことです。

ダイエット中に、筋肉を維持することはとても大切なことです。

4.野菜や水分をしっかりとる

カロリーメイト1箱(4本)には、食物繊維が2gしか入っていません。

日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、食物繊維の目標量は、18~69歳では、1日あたり男性20g以上、女性18g以上です。

特に便秘気味の人は、野菜など食物繊維の多いものや、水分をしっかり摂取するように意識してください。

野菜や水分をしっかりとることで満腹感も得られるので一石二鳥です。

カロリーメイトでダイエットする時に絶対やってはいけないこと

カロリーメイトをダイエットに活用する時に、やってはいけないことがあります。

ダイエットが失敗するだけでなく、体調を崩す原因にもなるので絶対にやらないようにしましょう。

カロリーメイトだけを食べ続けない

カロリーメイトだけを食べ続けてダイエットすることは絶対にやってはいけません。

いくら5大栄養素がしっかり含まれているとはいえ、9割が脂質と糖質では栄養に偏りがあります。

考えてみてください。

栄養の半分を油から取り続けるわけです。

とても健康な人の食事ではありませんよね。

長期間続けると体調を崩してしまいます。

絶対にやらないようにしましょう。

おやつとしてカロリーメイトを食べない

カロリーメイトは、おやつには向きません。

おやつの摂取カロリー目安は、200kcal程度です。

カロリーメイトをおやつ感覚で1箱(4本)食べると、400kcalになります。

「じゃあ、カロリーメイト2本なら栄養もとれていいんじゃないの?」

と思う人もいますよね。

確かにカロリーメイト2本であれば200kcalなので、おやつのカロリーとしては許容範囲です。

でも、おやつには糖質や脂質の少ないものが好ましいです。

ポテトチップスやアイスクリームなどの、糖質と脂質の多いおやつを食べるよりはよいですが、やはりカロリーメイトはおやつには適していません。

おやつには、チーズやナッツ類など、高たんぱく・低糖質のものを選びましょう。

食事の量を増やさない

せっかくカロリーメイトに置き換えることで消費カロリーを減らしても、その他の食事や間食が増えるようでは意味がありません。

腹持ちがよいと言われるカロリーメイトですが、食事に比べると格段に空腹を感じやすいです。

空腹に耐えきれず、ドカ食いしてしまうケースも少なくありません。

先ほども書きましたが、カロリーメイトを食事に置き換える時は、たんぱく質や野菜と一緒に食べるようにしましょう。

また、炭酸水や水をしっかり取ることで、満腹感を得られやすくなります。

おすすめのカロリーメイトダイエットはこれ!!

カロリーメイトを使ったダイエットが効果的なことはわかって頂けたと思います。

ここで、手軽に実践できて効果が期待できるカロリーメイトダイエットのプランを紹介します。

昼食or夕食を「カロリーメイト」+「プロテイン」に置き換える

先ほども書きましたが、カロリーメイトにはたんぱく質が少量しか含まれていません。

たんぱく質を補うためには、肉、魚・卵・豆類など、高たんぱくで低糖質・低カロリーのものを摂取することが理想ですが、少なからず手間がかかりますよね。

そもそも、時間がなくてカロリーメイトを摂取している人にとっては難しいと思います。

私がおすすめするのは、カロリーメイトと一緒にプロテインを飲むことです!

商品にもよりますが、1回分のプロテイン(約20g)のカロリーは80~100kcal程度です。

プロテインは高たんぱく・低カロリーです。

プレーンタイプは糖質0の場合も多いので、たんぱく質不足をカバーするには最適です。

お弁当代わりにプロテインを持って行く場合は、シェイカーにプロテインを粉末のまま入れておき、飲む直前に溶かします。

シェイカーの底でプロテインが固まることがありますが、シェイカーをひっくり返して2~3回底を叩くと、プロテインがストンと落ちてキレイに溶かすことができます。

カロリーメイトだけではおなかが空きやすいですが、プロテインと併用することでおなかも膨れるので、続けやすいと思います。

おわりに

カロリーメイトは、ダイエット食品ではありませんが、非常に優れた商品です。

ダイエット中にうまく活用することで、食事の選択肢を増やすことができます。

カロリーメイトでダイエットする時は、自分の食生活に合わせた工夫を忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA